Publications

学術論文(査読付き)

  • T. Kimura, M. Ohsaki, S. Fujita, T.Michels, and S. Adriaenssens, Shape optimization of no-tension arches subjected to in-plane loading, Structures, Vol. 28, pp.158-169, 2020.9.
  • 木村俊明,大崎 純,佐藤耕平,鉄骨置屋根構造体育館の柱頭支承部応答低減のための下部構造最適化 ,日本建築学会構造系論文集, Vol. 85, No.767, pp.61-71,2020.1.
  • 林 盛,山崎康造,木村俊明,権藤智之,NURBS 曲面モデルを用いた鉄筋コンクリート造の自由曲面屋根の施工プロセスと合理化,日本建築学会技術報告集, Vol. 25, No.60, pp.101-106, 2019.6.
  • 木村俊明,大崎 純,山岡祐貴,既存躯体との接触接合による耐震補強格子ブロック壁の形状最適化,日本建築学会構造系論文集, Vol. 84, No.757 , pp.385-391,2019.3.
  • 木村俊明,大崎 純,岡崎 稜,鋼構造骨組のブレース配置と柱・梁断面の同時最適化,日本建築学会構造系論文集, Vol. 83, No.752, pp. 1445-1454, 2018.10.
  • 木村俊明, 大森博司, 線形座屈荷重を目的関数とした形状最適化法の構築 -構造安定性を考慮した自由曲面シェル構造の構造形態創生手法の提案(その1)-, 日本建築学会構造系論文集, No.686, pp.733-741, 2013.4.
  • 木村俊明, 大森博司, 形状と厚さの同時最適化法の構造位相決定問題への応用 -自由曲面シェル構造の構造形態創生手法の提案(その2)-, 日本建築学会構造系論文集, No.648, pp.367-376, 2010.2.
  • 木村俊明, 大森博司, 形状と厚さの同時最適化法の定式化とその応用 -自由曲面シェル構造の構造形態創生手法の提案(その1)-, 日本建築学会構造系論文集, No.640 , pp.1091-1098, 2009.6.
  • T. Kimura and H. Ohmori, Computational Morphogenesis of Free Form Shells, J. IASS, 49 (3), pp.175-180, 2008. (The 6th IASS Hangai prize paper)
  • 木村俊明, 浜田英明, 大森博司, 設計者の選好と力学的合理性を勘案した自由曲面シェル構造の構造形態創生法の開発 設計事例による考察, 日本建築学会構造工学論文集, Vol.54B, pp.281-288, 2008.3.

口頭発表

国際会議
  • T. Kimura, S. Fujita, M. Ohsaki, T. Michels, and S. Adriaenssens, Shape optimization of masonry arch against static seismic loads, Proc. IASS Annual Symposium 2019 -Structural Membranes 2019 Form and Force, Barcelona, Spain, Int. Assoc. Shell and Spatial Struct., 2019.
  • T. Kimura, and M. Ohsaki, Shape and topology optimization of shear wall consisting of latticed blocks for seismic retrofit of existing building and its prototype model using additive manufacturing, Proc. The Second International Conference on Simulation for Additive Manufacturing (Sim-AM 2019), Pavia, Italy, 2019.
  • T. Kimura and M.Sasaki, Structural design of free-curved RC surface, Proc. 12th Asian Pacific Conference on Shell and Spatial Structures (APCS2018), Penang, Malaysia, pp.421-426, 2018.
  • M. Ohsaki, T. Kimura and Y. Otsuka, Optimization of support structure for reduction of reaction force of a roof of a school gymnasium, Proc. 12th Asian Pacific Conf. on Shell and Spatial Struct. (APCS2018), Penang, Malaysia, pp.348-353, 2018.
  • T. Kimura, M. Ohsaki, and Y. Yamaoka, Shape and topology optimization of shear wall consisting of latticed blocks, Proc. IASS Symposium 2018, Boston, USA, Int. Assoc. Shell and Spatial Struct., Paper No.234, 2018.
  • M. Ohsaki, T. Tamura, J. Takagi, and T. Kimura, Machine learning for layout optimization of braces of building frames, Proc. Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization (ACSMO 2018), Dalian, China, Paper No. 050030, 2018.
  • T. Kimura, H. Ohmori, and M. Ohsaki, Computational morphogenesis of free-form shells through optimization with respect to shape and distribution of thickness, Proc. Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization (ACSMO 2018), Dalian, China, Paper No. 050169, 2018.
  • Y. Nagai, T. Kimura, M. Sasaki, Structural design of a seismic isolated building in Matsumoto city, Japan, Proc. 6th Structural Engineering World Congress (SEWC), Program book pp.13-14, Cancun, Mexico, 2017.
他10編
国内会議
  • 木村俊明,配筋施工性を考慮したRC空間構造物の形状最適化,第42回情報・システム・利用・技術シンポジウム,Paper No.H33, 2019.
  • 阪口一真, 大崎 純, 木村俊明, 機械学習による小規模ブレース付骨組の特徴分析とそれに基づく大規模骨組の最適化 ,第42回情報・システム・利用・技術シンポジウム,Paper No.H04, 2019.
  • 木村俊明,大崎 純,岡崎 稜,既存躯体との接触接合による耐震補強嵌合ブロック壁の形状最適化,コロキウム構造形態の解析と創生2019,pp.24-29, 2019.
  • 澄川有矢,木村俊明,大崎 純,施工段階の制約を考慮したRC空間構造の構造最適化,2019年度日本建築学会大会 (北陸), pp.893-894, 2019.
  • 沈 旭,大崎 純,木村俊明,大型電波望遠鏡の鏡面形状誤差最小化のための支持架構の最適設計,2019年度日本建築学会大会 (北陸), pp.213-214, 2019.
  • 佐藤耕平,木村俊明,大崎 純,鉄骨置屋根構造体育館の地震時支承部反力低減のための下部RC架構の最適化,2019年度日本建築学会大会 (北陸), pp.215-216, 2019.
  • 阪口一真,大崎 純,木村俊明,機械学習を用いた鋼構造骨組の最適ブレース配置の特徴抽出,2019年度日本建築学会大会 (北陸) , pp.195-196, 2019.
  • 木村俊明,大崎 純,田川 浩,高木次郎,見上知広,形状最適化された接触接合耐震補強ブロック壁の構造性能実験,2019年度日本建築学会近畿支部研究発表会, pp.585-588, 2019.
他20編

著書

  • 日本建築学会 編,応用力学シリーズ14 構造最適化の最近の発展と設計への応用事例, 第11章:構造形態創生の実践例,第15章:例題集 15.3節 例題1 鉄骨造:1層1スパンのラーメンフレームの設計,丸善,2020. (分担執筆)
  • 日本建築学会 編,コンクリートシェル構造設計ガイドブック, 3章 構造設計の手法 第1節 目標性能の設定,第2節 荷重条件の設定,丸善,2020. (分担執筆)
  • Kok Keong Choong, Mustafasanie M. Yussof, Jat Yuen Richard Liew (Eds), Recent Advances in Analysis, Design and Construction of Shell & Spatial Structures in the Asia-Pacific Region, Chapter 4. Structural design of free-curved RC surface – new crematorium in Kawaguchi, CRC Press, 2019. (分担執筆)

総説・解説

  • 木村俊明,バイオミミクリーが生み出す形態-形態創生コンテスト2019,特集06 建築と生物学の接点-多目的最適化を目指して,建築雑誌2020年6月号,pp.14-15, 2020.
  • 木村俊明,さがす建築:これからのフォーム・ファインディングの道標は何か,建築討論web043|202005|特集:構築と分解 終わり方から考える建築デザイン,https://medium.com/kenchikutouron, 2020.
  • 木村俊明,川口市めぐりの森 赤山歴史自然公園 歴史資料館・地域物産館:周辺環境と一体化する新たな地形,新建築2018.7,p.62, 2018.
  • 木村俊明,川口市めぐりの森・赤山歴史自然公園 構造計画,近代建築,Vol.72,p.126, 2018.
  • 吉中 進,田村 淳一,田川 浩之,細見 亮太,木村俊明,21世紀の空間構造の現状と展望 第8回IASS2016東京シンポジウム報告(8), 鉄構技術, Vol.31, No.358, pp.23-pp.27, 2018.3.
  • 木村俊明,佐々木睦朗,なかまちテラス 小平市中町公民館・仲町図書館:透明でオープンな建築空間を実現させる構造体,建築技術, No.783, pp.25-27, 2015.4.
  • 木村俊明,特集 鉄骨造建築の柱材・柱形式:建築空間の立体的なつながりを作り出す架構,鉄構技術, Vol.25, No.295, pp.57-59, 2012.8.
  • 木村俊明,芝浦のオフィス: 立体的な繋がりを作り出す構造,新建築2011. 9, p.128, 2011.
  • 木村俊明,アタゴ深谷工場: 一体的な建築空間を実現する構造,新建築2011. 7, p.168, 2011.